出勤時間

平日日中に働くOLさんや平日夜や土日は空かない専業主婦など、一人ひとり生活する時間帯は違います。自分の都合のよい時間帯で働ける風俗店で、副業をしたいと考える人もいるかもしれません。最近のデリヘルは24時間営業のお店も多くなっていて、自由な出勤時間で働くことが可能です。OLさんと専業主婦の働き方の事例を見てみましょう。

平日の昼間に働くOLさんの場合、風俗で働く時間帯は平日夜または土日になると思います。週末の夜はお客様が多くなるため、ガッツリ稼げる可能性が高いです。お店の人気や嬢本人の人気にもよりますが、週3日8時間の勤務で月収50万円程度は十分に稼げます。20代女性の平均年収が約300万円であることを考えると、本業の月収を上回る可能性は高いです。

専業主婦の場合、主な仕事のタイミングは平日の昼間だと思います。実は、この時間帯は営業マンや自営業の方が休憩時間として利用することが少なくありません。ある程度お金を持っている人も多いため、気に入ってくれれば頻繁に指名してくれるケースも期待できます。週3日4時間程度の勤務で、月収30万円も目指せると思います。

自由な出勤時間で働いてもデリヘルは高収入が稼げる仕事です。ただし、あくまでお客様についている時間が働いた時間なので、新人期間が終わったあとは指名本数を増やせるような努力を欠かさないようにしてください。

出勤日数

風俗嬢の出勤日数は月1日から週5,6日まで、人それぞれ異なります。その理由は、本人の稼ぎたい金額と体力のバランスを考慮し、自分の好きなペースで働けるからです。本業としてたくさん働きたい人は出勤日数を増やすこともできますが、副業を希望する人は週1日や月1日と、自分のスケジュールで構いません。

週4日または週5日出勤する場合、お店や地域次第では月収100万円以上も目指せます。ただし、ヘルス系のスマタでは足がガタガタになるほど疲れたという人もいますし、ソープランドでは連勤で膣が痛くなったというケースもありました。また、疲れていると免疫力が落ちるため、性病にかかるリスクが上がります。本人の体力に応じて、出勤日数を調整するのがベストです。

一方、出勤日数の自由度を活かし、週1日や月1日などの働き方もできます。上記のように体力的な負担を考慮する人はもちろん、お金はたくさんいらない代わりに時間が欲しい人にもおすすめの働き方です。知人バレを恐れて出稼ぎ勤務をする人もいますが、本業があると出稼ぎが難しいかもしれません。この場合、出勤日数を減らして週末だけ働く方法もあります。ただし、当然ですが勤務日数が多い子と比べると、収入が減ってしまう点は注意しましょう。

優良店の場合、女の子の都合に合わせた出勤日数の調整が可能です。ぜひ、自分の働きやすい出勤日数が選べるお店を探してください。

風俗求人と出勤状況

出勤日数や出勤時間を自由に調整できることは風俗店の魅力です。稼ぎたい人は勤務日数や時間を増やし、時間的なゆとりが欲しい人は勤務日数や時間を少なくするのが一般的だと思います。当サイトでは、出勤日数の多寡によるメリット・デメリット、出勤時間の長短によるケーススタディをまとめました。

出勤日数は多いほどたくさん稼げますが、その分体調に影響を与えることも少なくありません。風俗業は体力仕事なので連勤による疲労が大きかったり、業種によっては膣を痛めてしまったりと、体調を崩す原因です。一方、出勤日数が少ない場合、体調も安定するほか働きやすくなりますが、収入は減ってしまいます。ワークライフバランスを考慮して働くようにしましょう。

出勤時間の長短について、平日働くOLさんか専業主婦によって稼ぎ方は大きく変わります。OLさんなら週末夜にガッツリ働いて月収50万円、専業主婦では平日お昼に少し働いて月収30万円と、働き方次第では今の生活をもっとリッチなものにできるはずです。特に、24時間営業のデリヘルが増えているので、女性が働けるチャンスは増えています。昼間に出勤してもお客様が来ないと思う方もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。当サイトはOLさんと専業主婦について、ケーススタディ形式でご紹介します。

当サイトは、風俗店の出勤時間や出勤日数の悩みを解決するサイトです。自由な働き方を希望して風俗求人を探している人は、ぜひお役立ていただければと思います。